14 tháng 11 2011

南シナ海、米が中国けん制…ASEANと声明へヘルプ

南シナ海、米が中国けん制…ASEANと声明へヘルプ

【バンコク=深沢淳一】インドネシア・バリ島で18日に開かれる米国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の首脳会議の共同声明案が12日、明らかになった。

 中国とフィリピン、ベトナムなどが領有権を争う南シナ海問題に関しては、「国際法と平和的紛争解決の原則に基づき、南 シナ海の平和と安定を維持する重要性」を強調し、この問題で米国が積極関与する姿勢を改めて打ち出す内容となっている。首脳会議は、オバマ米大統領と、イ ンドネシアのユドヨノ大統領らASEAN各国首脳が出席する。
 南シナ海を巡り、中国とASEANは7月の外相会議で、開発協力などの共同活動の項目を列挙した「行動指針」を採択したが、その後も緊張状態が続 いている。米ASEAN会議の共同声明案は行動指針採択を歓迎する一方、法的拘束力がある「行動規範」の早期策定を期待するとして中国側に対応を促してい る。

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20111113-OYT1T00023.htm?from=popin
(2011年11月13日09時17分  読売新聞)

Không có nhận xét nào:

Đăng nhận xét