06 tháng 2 2013

- Tàu hải quân Trung Quốc nhắm bắn tàu Nhật Bản (TT)--照射は威嚇か…尖閣北で中国軍と海自にらみ合い

照射は威嚇か…尖閣北で中国軍と海自にらみ合い




  • 携帯に送る
  • ヘルプ

 
中国海軍の艦艇が1月30日に海上自衛隊の艦艇に射撃の目標をとらえる火器管制レーダーを照射した尖閣諸島(沖縄県石垣市)北方の東シナ海で、昨年9月の尖閣国有化以降、中国軍と海自の艦艇によるにらみ合いが続いていることが6日、分かった。
 照射は双方の緊張状態が継続する中で発生しており、展開する海自の艦艇の活動への威嚇との見方も出ている。
 昨年9月14日に中国の海洋監視船6隻が領海侵入して以降、中国公船が尖閣周辺に頻繁に現れており、海上保安庁の巡視船が警戒にあたり、接続水域 (領海の外側約22キロ)から領海に浸入した際は警告を続けてきた。防衛省は接続水域外で警戒しているとされてきたが、詳細は不明だった。
 今回の事態を受け、防衛省関係者が明らかにしたところによると、尖閣北方百数十キロでは、公船を護衛するように中国海軍のフリゲート艦など2隻が展開しており、海自の艦艇が常時監視のために出動していた。
 照射したのは中国海軍のフリゲート艦の前方にある主砲用のレーダーだった可能性が高いが、砲身は向けられていなかったという。日中両艦の距離は3キロと目視できるほど近く、防衛省関係者は「万一、射撃されれば回避は難しかっただろう」と話している。
(2013年2月6日  読売新聞)
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130206-OYT1T00701.htm?from=main1

Không có nhận xét nào:

Đăng nhận xét