13 tháng 2 2013

Kịch bản TQ sử dụng "ngư dân" làm lực lượng xung kích chiếm đảo Senkaku(Tiếng Nhật)

スクープ最前線】中国軍、尖閣強奪に特殊部隊 “漁民”を使う侵略シナリオも

2013.02.13
陸上自衛隊と米陸軍の日米合同訓練。中国の暴走を食い止められるか【拡大】


 日本と中国の緊張状態が続いている。中国海軍艦艇による「武力による威嚇」といえる、海上自衛隊の護衛艦などへの射撃管制用レーダー照射を日本政 府が公表して以降、一時的に沈静化していた中国側の動きが、再び活発化し始めたのだ。首相官邸や防衛省などは警戒・監視態勢を緩めておらず、「中国が武力 行使に着手するXデー」まで想定されている。中国人民解放軍がひそかに創設した「釣魚島(日本名・尖閣諸島)奪還特殊作戦部隊」。ジャーナリストの加賀孝 英氏による衝撃リポート。

 「内閣情報調査室や防衛省、外務省、警察庁など、日本の情報当局は異様なほど緊迫している。その度合いは日に日に高まっている」

 旧知の政府関係者はこう語った。

  沖縄県・尖閣諸島北方百数十キロの東シナ海で、中国海軍のフリゲート艦が、海自護衛艦「ゆうだち」に射撃管制用レーダーを照射したのは先月30日。同月 19日にも、別の中国海軍のフリゲート艦が、海自護衛艦「おおなみ」搭載ヘリにレーダーを照射したと疑われる事案が発生した。

 「攻撃予 告」といえる中国の危険極まる行為を、小野寺五典防衛相は5日の緊急会見で公表し、抗議した。中国国防省や外務省は「事実に合致しない」「日本の捏造」な どと嘘八百を並べたが、安倍晋三首相は8日夜、BSフジ「プライムニュース」の生出演で、中国に堂々と謝罪を要求した。先の政府関係者は続ける。

  「レーダー照射公表後、尖閣周辺空海域はしばらく静かになった。それまで、空では中国海軍のY8哨戒機や空軍のJ10戦闘機が、スクランブル発進した航空 自衛隊のF15戦闘機や海上自衛隊のP3C哨戒機を挑発しまくり、深海では日中の潜水艦が一触即発の状態で向き合っていた」

 一時は、習近平総書記らが「挑発を自粛しろ」と、軍に指示したのではないかとの見方もあった。だが、3連休中日の10日、尖閣周辺の接続水域に中国の海洋監視船4隻が現れ、わが物顔で航行したのだ。

 緊張状態が解けない日本の情報当局。私(加賀)は、複数の関係者から以下のような驚くべき情報を得た。

 「射撃管制用レーダーを照射して、ターゲットにロック・オンをすると、反射的に撃つし、撃ちたくなる。反日教育を徹底的にたたき込まれた中国軍人は途中で止められない。衝突は必ず起きる」

 「中国側の動きが止まったのは、日本政府の照射公表を受けて、米軍と自衛隊の警戒態勢の変化や、国際社会の反応を確かめたのだろう。春節(旧正月=10日)をはさむ大型連休も影響しているかもしれない」

 「中国の尖閣強奪は思いつきではない。20年以上前から、尖閣を含む沖縄県全体を自国の一部に取り込むため、日本での浸透工作を着々と進めてきた。昨年9月の日本の『尖閣国有化』は1つのきっかけだ」

 そのうえで、政府関係者はさらに衝撃的な情報を明かした。

  「中国は本気だ。軍に『釣魚島奪還特殊作戦部隊』を創設したという。中国軍の動きが再び活発化して、日本が安全保障上の深刻な事態を迎える“Xデー”は、 近々、2つ想定されている。1つ目は今月下旬、安倍首相が訪米して、オバマ大統領と日米首脳会談が開かれる前後。2つ目は来月中旬、中国の全国人民代表大 会(全人代=国会)で、習総書記が国家主席に選任される前後だ」

 「日米首脳会談前後の場合、安倍首相不在の間隙をつけるうえ、日米連携 反対のメッセージになる。全人代前後なら、国内外に『強い習平体制』を示すことができる。ともに、米中関係再構築のきっかけになる。中国軍は、日本で『中 国は結局、戦争はできない。米国が牽制している』という見方が広がっていることにも激怒している」

 恐るべき話というしかない。中国はかつて、チベットやウイグル(中国名・新疆)を侵略したように、日本も五星紅旗で蹂躙する気なのか。想定されている尖閣強奪のシナリオの1つはこうだ。

 「中国側はまず、民間漁船を大挙して尖閣諸島に向かわせ、意図的に事故などを起こさせる。そこで、軍が『自国民の保護』という名目で出動し、警戒出動した自衛隊と軍事衝突を起こし、領土問題を国際社会にアピールする。不利な現状を一気に打開する」

 退役した中国軍兵士が大量に漁民になっているという情報まである。

 日本の情報当局は現在、情報収集と確認作業で必死になっている。今そこにある危機(=中国の理不尽な圧力、暴走)に対抗するには、日本はあらゆる力を結集しなければならない。

 ■加賀孝英(かが・こうえい)ジャーナリスト。1957年生まれ。週刊文春、新潮社を経て独立。95年、第1回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム大賞受賞。週刊誌、月刊誌を舞台に幅広く活躍。一昨年11月、月刊「文藝春秋」で「尾崎豊の遺書・全文公開」を発表し、大きな話題となった。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20130213/plt1302130709001-n1.htm 

tư liệu:

尖閣問題>40年前に田中角栄と周恩来が「棚上げ」で合意=日中緊迫化の元凶は民主党政権―加藤紘一会長

 

 

中国メディア 尖閣沖の魚を「愛国魚」と名付け新鮮さを主張

NEWSポストセブン - ‎2013年2月11日‎
尖閣沖 で獲れたという魚はウマヅラハギ、サワラ、ハマダイ、サバの4種類で計4トン以上。 「釣魚島で獲れた魚だよ。魚を買って愛国だ」と売り子たちは叫ぶ。「漁場で日本の巡視船に警告されないのか」と尋ねてみると、「そんなもの関係ないね、そ れより魚買ってきなよ」と一蹴され ...

中国軍、挑発を再開 戦闘機が領空接近 尖閣には監視船も

MSN産経ニュース - ‎2013年2月10日‎
中国軍が東シナ海で挑発行為を再開させたことが10日、分かった。日本政府が5日に海軍艦艇の射撃管制用レーダー照射を公表して以降、3日間沈静化していたが、9日になり空軍戦闘機などが日本領空に接近。沖縄県・尖閣諸島周辺では10日、照射公表後初めて海洋監視 ...

Không có nhận xét nào:

Đăng nhận xét