01 tháng 2 2013

TQ:Tăng cường sức manh quân sự để đóng góp vào sự ổn định của Châu Á--わが国の軍事力増強はアジアの安定に貢献=中国報道


 

わが国の軍事力増強はアジアの安定に貢献=中国報道







中国現代国際関係研究院副研究員の田文林氏はこのほど、中国の軍事力増強はアジア太平洋地域の安定に貢献すると主張した。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。以下は同記事より。
**********
  中国軍需産業に吉報が相次いでもたらされている。Y-20大型輸送機が試験飛行に成功して間もなく、中国がミサイル迎撃実験に成功したという情 報が伝わった。中国はこれまでも空母の進水、第5世代戦闘機の試験飛行、衛星測位システム「北斗」の使用開始などを実現しており、中国人に自尊心を抱かせ ている。
  偏狭的な西側メディアは、中国の軍事力強化は「中国軍事脅威論」の論調を裏付けたとし、軍事力強化が横暴な振る舞いにつながると推測しがちだ。これは西側諸国の専門家が以前、中国の未来に対して何度も誤った予測をしたことと同様だ。
  彼らは中国の軍事力強化を覇権主義的な政策と単純に結びつけ、経験主義的なミスを再度犯した。彼らの推測とは異なり、中国の軍事力強化は地域および世界の平和をより良く維持するものだ。
  国家間の平和は、パワーバランスの均衡を基礎とする。実力があれば善意からの意見を語る資格を持ち、平和実現の可能性が生まれる。冷戦期、米ソの軍事力がバランスを維持していたからこそ、両国は自制的になり、「冷戦」でいることができたのだ。


 冷戦が終了した途端、各地の衝突や局地的な戦争が相次いでぼっ発した。軍縮により相手国の同情を買っても、相手国の殺意と欲望を刺激するばかりだ。十分な軍備は、相手国に数多くの懸念材料を与え、平和実現への可能性を開くものだ。

 中国の最大の目標は民族復興の実現であり、国内の現代化は安定的な平和と外部環境を必要とする。しかし中国の願いとは裏腹に、米国は中国の台頭に警戒し、東への戦略的移動を加速している。

 中国周辺の安全環境は日増しに複雑化しており、戦争の影が迫っている。既存の大国と新興国の安全面の不一致は一種の構造的不一致だ。これを回避し、乗り越えることはできず、管理・抑制に努めることしかできない。

 人を損ねる心を持ってはいけないが、警戒心を捨ててはならない。安全問題について、中国は相手国の「善意」に期待するのではなく、自国の力に頼るしかな い。特に外部からの挑発が相次ぎ、中国東部の安全リスクが日増しに拡大する状況下において、中国の軍事力強化に関する情報は、まさにタイムリーだと言え る。中国の軍事力が強化されるほど、アジア太平洋地域の平和安定維持の希望が拡大されるのだ。(完結)(編集担当:米原裕子)

Không có nhận xét nào:

Đăng nhận xét